くねりずあいりBlog

くねりずあいりの徒然なブログです

ゲーム

フルフル

この前は時間切れで倒せなかったフルフル亜種を、ついに倒した!クイーンブラスター強い!拡散LV3の威力が絶大ですねー。
毒のダメージも強化されているみたいだし、作って良かった。
捕獲にも成功して、アルビノの中落ちを2つもGET!凄くいい感じ!

しかし、弓を使うのならばビンを使いこなす必要があるようですね。
そして罠も・・・。
いかに状態異常を乗せるか、攻撃力強化をするかとか、一撃の効果を高める必要がある、と。ここいらをもっと使いこなせるようになろう。
罠も上手く使って捕獲だけじゃなくて一方的に攻撃できるチャンスを作るのが重要だけれど、なんだかそうなってくるとROのハンタだよね。

フルフル亜種からはいい武器を作るのに必要な上竜骨が手に入るので、しばらくは狩りまくってみよう。中落ちも必要になるアイテムが出てきそうだし、そろえておいて無駄にはならないはず。

でも、フルフルっていったらロマサガの美女なモンスターのイメージがあったのに、モンハンだと気味の悪いでろでろなモンスターなんだよね。どうしてこんな名前にした?!

KAI

モンハンでようやくKAIの設定が完了して、遠くの人とも遊べるようになった。一緒に狩りに行ってくれる人が欲しいぜ。

それにしても、今日はやたらと寒い。ついこの前まで半袖でもいいくらいに暖かかったのにね。この時機はしょうがないにしても、温度の差が激しすぎる。
ちょっと薄着をしてたら風邪まっしぐらって感じがする。

そんな中でちょっと買い物にいった帰りに、コンビニで久しぶりにきのこかたけのこでも買うかー。と、思ったら。
たけのこの里しか置いてない?!きのこも一緒に置いておかないとダメだろうに!なんという差別!これが格差社会か?!

アインハンダー

作業中の音楽に、今日はアインハンダーをかけてみた。
PSの隠れた名作にして、とても演出と音楽が印象的な作品のアインハンダー。アーカイブスでもDLできるし、もっとプレイする人が増えるといいんだけれどねー。

特に、この作品は音楽が素晴らしくて、ほとんど途切れる事の無い演出とそれに似合ったテクノやラップな音楽が聞いていて飽きない。
ボス戦の音楽はとってもノリノリで、チェゲターン!っていいんだよねぇ。
しかし、ボスがとんでもなく強いというか、やたらと行動パターンが多くて見切れないし、一撃でやられてしまうから難しい・・・。
時機もかなり大きいし、やられるとポッドを失ってしまうから、復活パターンを作るのも大変・・・。
ある程度やっていくと慣れてくるのだけれど、それまでは普通のSTGよりも難しいかもしれない。

爽快感はあんまりないけれど、音楽と演出で魅せてくれる良作として、アインハンダーは語り継がれて・・・欲しいな。

モンハン

MHP2Gを少しやってみたり。
完全にモンハン初心者なのに、ヘヴィボウガンを使ってしまったあたりどうにも辛い狩りになりそう・・・。
遠距離装備はやっぱり玄人向けなのね。
最初は片手剣とかのが良さそうだけれど、シューターとしてはもう少し頑張ってみようと思う。
やっぱり遠距離攻撃だよね!

しかし、モンハンをプレイしてて思うのが、いわゆるゲームにおける敵というのはモンスターだったり、敵国の兵士だったりと、そういうものであるのがほとんどなのに、野生動物を狩る。というのは、何だか結構毛色が違うものですね。
やってみると、色々とわかってきたり。この独特の感じは、確かにモンハン固有の面白さだと思う。

ドラクエ3

久しぶりにドラクエ3関連の本をあれこれと読んでみたのだけれど、やはりドラクエ攻略本の装備品データが秀逸。
それぞれのアイテムについての簡単な説明と、そのすべてのイラストが書かれていて、ただデータを知るだけじゃなくイマジネーションが膨らませられる。
WIZ外伝2のイマジネーションズガイドブックも凄く良かったけれど、この手のアイテムについてのイラストと文章での詳細な説明がある作品というのは色々と想像できて楽しい。
ゲームそのものの面白さもだけれど、こういう部分での補足とユーザー自身での補完を促すようなものって、いいよねぇ。
やりすぎると鬱陶しいけれど。

もう今の時代は攻略本を読むよりも、攻略WIKIを見る方が早くて大量の情報を手に入れる事ができるようになったから、ゲームをクリアするだけなら攻略本いらないんだよね。
でも、こういう公式データとかがあるから買うのをやめられないというか。
もうそこにしか価値がなくなってきているというか。

最近のゲームだと、エルミナージュ2なんかはかなりそれっぽくていい感じ。
ゲームそのものだって面白いし、各種データと説明文が面白くてよりそれを引き立てていると思う。
そういえば、エルミ2ものっていうのも作ってみると面白いかな。
ミストレスといういやらし~いお姉さまもいれば、健気だったツンデレだったりするお姫様もいるし、馬小屋に切れる少女やラブラブ百合カップルやら、ぶっ殺シスターとか、滝に打たれるロリ担当。
ミルコ一行の二人もだけれど・・・結構面白いのが作れそうな配置ではあるかもしれない・・・。きっと、誰も作らないだろうし、やってみるのもアリ、か?
モンスターもエンプーサとか魅力的なのがいるし、それらについても結構詳細なデータがあるし、面白いかも・・・。
Amazonライブリンク
楽天市場
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog